前へ
次へ

賃貸マンションでIHの時の電気を考える

生活するために必要なインフラとして、電気とガスと水道さらに電話回線などがあります。最近は固定電話を使わない人もいて電話回線の必要性は薄れていますが、それ以外にケーブルテレビや光ケーブルなどはあればサービスの利便性が高まります。賃貸マンションを利用するときはそれぞれの物件でインフラの状況が異なるのでしっかり調べる必要があります。キッチンにおいてはガスレンジかIHを使うかがありIHを使うなら電気容量をどうするかの判断があります。賃貸マンションを利用することになり電気を開通させれば電気は使えます。ただ電気を使いすぎるとブレーカーが落ち使えなくなるでしょう。IHはそれなりに電気を使うので、ガスレンジに比べると電気容量は大きい方が利便性は高まります。電力会社との契約で増やせるときもあれば、住宅設備そのものが容量に耐えられるかどうかの問題があります。リノベーション物件の中には見た目はきれいでIHでありながら電力容量が小さいところもあるので注意しましょう。

Page Top